オーナー様の思いを最優先

当社は、シナジー効果が生まれるような、相互に有益となる戦略をもったM&Aの実現を目指しています。
同じ不動産業を営む経営者様のお気持ちを最優先に考え、ご要望だけでなく、当社からも最善となる契約条件をご提案させていただきます。「弁護士、公認会計士、税理士」など、中立の立場をとる経験豊富な外部アドバイザリーと一緒にM&Aを進め、何より経営者様との対話を大切にしています。
このご縁を一生ものと感じていただけるよう、「パーフェクト(完璧な)パートナー」として何でもご相談ください。

まずは、ご希望内容についてお話ください

M&Aは、お互いの目的や経営方針が一致しないと上手くいきません。

 ・こんな要望は無理だろう・・・。
 ・これだけは妥協できないのに・・・。

そんな思いがあると、途中で必ず行き詰ってしまいます。

当社もビジネスですのでお聞きする前に全てのご要望にお応えするお約束はできませんが、まずは、オーナー様のご要望については全てお伺いしたいと思っています。初回ご相談時、もしくはトップ面談でじっくりお話いただく機会は何度かございますので、オーナー様の描く理想のM&Aについて本音でお話ください。


ご自身のポジションについて

オーナー様のポジション
M&Aの成立後、オーナー様のポジションについてご要望をお聞かせください。
特に、オーナー様が退かれることで営業や経営に多大な影響が及ぶ場合、一定の期間在籍した方がよい、或いは、あくまで完全に会社からは離れた外部アドバイザーとなりたい等、それぞれかと思います。

また、M&Aで譲渡された経営者様によっては、突然会社との縁が薄れることで喪失感から大きなストレスになる方もいるそうです。
ご勇退後の仕事以外のご計画から、思わぬ新しいチャレンジが生まれるかも知れません。今後のライフプランなども含めて、お聞かせいただきたいと思います。


従業員様の雇用について

従業員の雇用
一口に従業員の雇用といっても、役員・正社員・契約社員・パート・アルバイトなど雇用形態も様々なため、全員という言葉が当てはまららない場合があります。

具体的に各ポジションごとに、さらに突き詰めると御一人様ごとにどういう待遇が望ましいのかご検討ください。
場合によっては、独立したい、経営陣として活躍したいという方もいらっしゃるでしょう。ただし、M&Aについてはお話できないかと思いますので、現段階でのオーナー様のお分かりになる範囲で、おまとめください。

また、貴社独自のルールもあるかと思います。労働条件であったり、福利厚生面などの特色や就労規則等の各条件についても現状をまとめてみてください。


会社を譲渡?事業を譲渡?

会社譲渡?事業譲渡?
会社をまとめて譲渡したいという場合と、いくつか経営される事業の一部を譲渡したいということでは、提示する条件が大きく異なります。

譲渡したい理由は様々です。
 ・ 後継者がいないから。
 ・ 不採算事業を整理したいから。
 ・ 新しい事業を立ち上げたいから。
 ・ 資本力をあげたいから。 等

M&Aを検討された理由について詳しくお話いただくことで、当社からも様々なご提案が可能になります。

こんなことを話したら不利になるのでは?ということが後から発覚すると破談になってしまうケースもあります。強みだけでなく、現状抱える課題も含めてお話ください。


屋号を残したいかどうか?

社名(屋号)について
長年経営を続けてこられた会社には、社名もひとつの大きなブランドとなっている場合があります。

また、従業員様にとっても馴染みのある社名で営業したいという方もいらっしゃるでしょう。戦略によって異なる場合もございますが、まずはオーナー様が屋号を残したいのかそうでないのかご要望をお話いただければと思います。




pagetop