依頼先別、メリットと留意点

M&Aは、売り手・買い手の当事者だけで進めるのではなく、「仲介業者」に依頼する、もしくは「アドバイザリー」に助言してもらいながら進めることが一般的です。いずれも、M&Aを専門に手掛ける民間企業、金融機関内の専門部署、士業等の専門家等へ依頼するかたちになります。
どちらを採択する場合も、特長を知り適切な依頼先を選択しましょう。

仲介業者によるM&A

仲介業者によるM&A
譲渡側(売り手)と譲渡される側(買い手)のマッチングと手続きの代行等を行いM&Aを仲介します。
双方の間に入るため「仲介手数料」は双方に請求されます。手数料の目安は売却額の5%程度、場合によって増減します。

双方の状況が見えているため交渉が円滑に進む、中立・公平を維持できるといったメリットがあります。
広く承継先を探したい、ノンネームで始めたいという場合は仲介業者に依頼する方がいいでしょう。

注意すべき点は、以下の様なケースです。
 ・ とにかくM&Aの仲介業者が多く、どこに頼んだらいいのか分からない。
 ・ 頼んでみたが、譲渡したい企業の紹介が全くない。
 ・ 担当者のレベルが低い。
 ・ 要望が通らない

スムーズに話が進まず、タイミングを逸してしまう可能性がある場合は仲介業者の見直しが必要です。


アドバイザリー採択によるM&A

アドバイザリー採択によるM&A
FA(ファイナンシャルアドバイザー)が、M&Aのコンサルティング(助言)を行い進めていきます。
通常、譲渡側(売り手)もしくは譲渡される側(買い手)の双方がそれぞれのFAを付けます。
費用は各FAの持つ資格や、実績などによって異なります。

意向を交渉に反映させやすい、必要な手続きのみで進めることができるといったメリットがあります。
譲渡する企業が決まっている、自分の会社事情に精通し、信頼できる人に相談して進めたいという場合は、アドバイザリーの方が良いでしょう。

注意すべき点は、以下の様なケースです。
 ・ 先方との妥協点が見いだせず、話が一向に進まない。
 ・ 買い手側のFAの方が明らかに経験が豊富で公平感がない。
 ・ FAの判断が優先され、自分の意向が反映されていない感じがする。

通常のコンサルティングとM&Aは異なります。信頼関係が揺らぐようであれば、交代も検討した方が良いでしょう。


Q. パーフェクトパートナーにM&Aを依頼する場合は?

通常、アドバイザリーに依頼し進めます。

当社への譲渡をご希望の場合、基本的にFA(ファイナンシャルアドバイザー/税理士・弁護士・会計士・金融機関)と進めることになります。
貴社にて適切なアドバイザリーがいないという場合は一度ご相談ください。