M&Aで承継する前に

M&Aを進めるとき、多くの資料や書類が必要になります。
いざ依頼しようとしたときに、資料作成に時間を要すると、株価などの企業価値が変わってしまう可能性があります。
会社の状況を把握するための資料となるため、M&Aを依頼するしないに関わらず普段から整えておく方が良いでしょう。


事業承継計画を立てるための現状認識に必要な情報

1.従業員の数、年齢等の現状
2.資産の額および内容やキャッシュフローの現状と将来の見込み 等

1.会社の負債の現状
2.会社の競争力の現状と将来の見込み 等

1.保有自社株式の現状
2.個人名義の土地・建物の現状
3.個人の負債・個人保証等の現状 等

1.親族内に後継者候補がいるか
2.社内や取引先等に候補者がいるか
3.後継者の能力・適正はどうか
4.後継者候補の年齢・経歴・会社経営に対する意欲はあるかどうか 等

1.法定相続人および相互の人間関係・株式保有状況等の確認
2.相続財産の特定・相続税額の試算・納税方法の検討 等