M&Aのメリットと留意点

M&Aは承継問題の解決や事業発展など様々なメリットがあります。その反面、留意しなければらない点もあります。
経営者様が会社の将来を考え、M&Aの選択を行う前にプラスの面だけでなく、どの様な事に注意すべきかご検討ください。
M&Aで期待できるメリット M&Aを進める上での留意点
優秀な後継者や人材を外部に求めることができます。 一度譲渡してしまうと、支配権は移ってしまいます。
本当に親族や従業員に承継することがないかよくご検討ください。
従業員の雇用が守られます。 会社の経営状態によっては、必ずしも全ての従業員の雇用が保障される訳ではありません。労働条件などの交渉も必要です。
他社と統合されることによって事業のさらなる発展が期待できます。 思わぬ形で従業員や取引先に伝わってしまい、人員の流出等で企業価値が下がることも。話すべき時がくるまで漏洩しないように細心の注意が必要です。
買い手企業は、一般的に財務状態が安定しています。
譲渡後、会社の健全な経営が期待できます。
M&Aは合意できなければ成立しません。法的に成立するまで、財務状況は現状維持、向上するように計画しておきましょう。
不動産などの会社の資産、退職金などの条件により、将来の生活資金を確保できる可能性があります。 負債などを事前に整理しなければ譲渡できない場合があります。監査結果などにより想定する譲渡金額に満たない場合もあります。
pixta_28325269_M
M&Aを進めるとき、多くの資料や書類が必要になります。いざ依頼しようとしたときに、資料作成に時間を要すると、株価などの企業価値が変わってしまう可能性があります。会社の状況を把握するための資料となるため、M&Aを依頼するしないに関わらず普段から整えておく方が良いでしょう。
                       
pixta_34667143_M
M&Aは、売り手・買い手の当事者だけで進めるのではなく、「仲介業者」に依頼する、もしくは「アドバイザリー」に助言してもらいながら進めることが一般的です。いずれも、M&Aを専門に手掛ける民間企業、金融機関内の専門部署、仕業等の専門家等へ依頼するかたちになります。どちらを採択する場合も、特長を知り適切な依頼先を選択しましょう。
                       
pixta_35269019_S
事業承継税制とは、中小企業の後継者の方が、現経営者から会社の株式を承継する際、相続税・贈与税の軽減制度(相続:80%分、贈与:100%分)です。基本的に譲渡される側(買い手)が優遇される税制ですが、これにより事業継承がしやすくなり、また譲渡する側(売り手)もメリットを知ることで価格交渉や従業員の待遇交渉などに活用できます。
                       
pagetop