Q. 譲受する側だけが得にならないですか?

不信感の残るM&Aは行いません。

当社は株式上場を視野に入れ、全国展開を目指しています。
M&Aはあくまで選択肢の一つとして捉えており、悪い噂が立つ方が信用リスクが高いため、経営者様に不満の残る条件では引き受けません。
ビジネスの一環として行うため公正なM&Aを心掛けています。
少しでも不安に感じられる場合は、セカンドオピニオンを求められることもおすすめしています。